想いを「本気で」カタチにするNPOを育む『成果志向の補助・助成金のすすめ』を発行したい!プロジェクトページ

ShootingStar - クラウドファンディング > プロジェクトを検索する > 出版・コミック クラウドファンディング > 想いを「本気で」カタチにするNPOを育む...

想いを「本気で」カタチにするNPOを育む『成果志向の補助・助成金のすすめ』を発行したい!

出版・コミック
現在の金額
1,108,000
221%
目標金額
¥500,000
残り時間
終了
サポーター
252
購入期間終了

 このプロジェクトは、目標金額を達成した場合にプロジェクトオーナーが購入代金を受け取ることができます。

市民コミュニティ財団が各地で産声を上げるワケ

国内のNPO法人数は2015年3月末に5万件を突破しました。廃業率が開業率を上回る今の日本において、NPO法人数が右肩上がりで増えているのは、地域や社会のニーズが変わってきた表れではないでしょうか。

企業だと「もうからない」、行政だと「税金を投じる理由を見つからない」NPOの取り組みは原則、社会的認知度が低いところから始まります。今後、地域や社会の課題解決を税金でまかなうことが厳しくなるなら、その解決策の認知度を高め、民間の“志金”を集めることが重要になってきます。

そこで、自分たちの“志金”を自分たちのまちや暮らしに生かしていけるように、多様なステークホルダーと連携し、みんなで“志金”を持ち寄るしくみ「あいちコミュニティ財団」(以下、財団)は設立されました。

こうした「市民コミュニティ財団」はここ数年、各地で設立が相次ぎ、現在は全国60ヶ所で展開されていると言われています。

市民コミュニティ財団が各地で産声を上げるワケ1

財団だけでは変わらない!「成果志向の補助・助成金推進会議」の発足

653名からの総額950万円以上の寄付金によって2013年4月1日に誕生した財団は、2015年9月末までの2年半で、39件のNPOによる地域や社会課題の解決を応援してきました。しかし、解決策を通して人や組織の意識や行動を変え、地域や社会に価値をもたらすNPOをサポートする難しさを痛感しています。想いを「本気で」カタチにする“成果志向”のNPOを育むには、財団だけではなく、NPOへの資金・非資金支援に取り組む他の組織とも連携して取り組む必要があります。

実際、「資金の出し手」である行政や企業、助成機関の担当者は、下記のような悩みを抱えています。

●「毎年同じ団体」ばかり支援している
●次年度以降の支援額を減らされないよう「予算消化」してしまう
●支援先からは成果ではなく「結果」しか報告されない

補助・助成金が文字通り「成果志向を助けるお金」として生かされるためには、資金の出し手がそもそもNPOに対して成果を求めていくことが不可欠です。そこで、愛知県内の行政や企業等の担当者のみなさんとともに、「成果志向の補助・助成金推進会議 in あいち」を2015年11月に立ち上げました。

財団だけでは変わらない!「成果志向の補助・助成金推進会議」の発足1

“成果志向”のNPOを育むポイントが明らかに!『成果志向の補助・助成金のすすめ』の発行

「推進会議」の誕生は、2015年7月~9月に財団が主催した「成果志向の補助・助成金検討会議 in あいち」(全5回/後援:愛知県)での対話がきっかけでした。

そして、「検討会議」に参加した担当者の「どこから手をつけたらいいの?」という声から、『成果志向の補助・助成金のすすめ』は発行されることになりました。

“成果志向”のNPOを育むポイントを明らかにするために、本冊子では以下の構成を想定しています。

▼はじめに:なぜ、今、“成果志向”の補助・助成金か?
▼第1章:“成果志向”のNPOを育むには?
・ロジックモデル―鵜尾雅隆さん(日本ファンドレイジング協会)
・成果指標―山元圭太さん(PubliCo)
・KPI(重要業績評価指標)―岡本拓也さん(SVP東京)
・組織基盤強化―東郷琴子さん(パナソニック)
▼第2章:あいちコミュニティ財団は他の助成金と何が違うのか?
・長浜洋二さん(PubliCo)
・山田泰久さん(CANPANセンター)
▼第3章:想いを「本気で」カタチにするために
・雨森孝悦さん(日本福祉大学)
・水谷衣里さん(MURC)
・山岡義典さん(助成財団センター)

“成果志向”のNPOを育むポイントが明らかに!『成果志向の補助・助成金のすすめ』の発行1

想いを「本気で」カタチにするNPOを育むために、「発行パートナー」になりませんか?

税収が減り、公共サービスのすべてを行政が担うことは難しくなる中で、この『成果志向の補助・助成金のすすめ』は、これからの補助・助成金担当者必携の書を目指しています。ぜひ「発行パートナー」として応援してください!

発行後は、NPOへの資金・非資金支援に取り組む担当者とともに、本冊子をテキストにした「勉強会」も各地で開催したいと考えています。「推進会議」の事務局を務める財団の木村真樹代表理事が講師としてみなさまの地域に伺います。これまでの補助・助成金を見直し、これからの“成果志向”を推進する機会にぜひご活用ください!

★「検討会議」参加者の声★
●助成先に成果を出すよう求めるだけでなく、わかりやすい例示や効果を説明できなければいけないことを痛感した。(行政職員/40代男性)
●NPO支援の心構えやポイントを実感するとともに、自身が地域で活動する際にも“成果”を意識すること、そして仲間にも伝えていかなければと思った。(行政職員/30代女性)
●ロジックモデルや成果指標、評価など、見よう見まねで進めてきたが、今日は実感のこもった細かい話が伺えてとてもよかった。(助成機関職員/30代女性)

想いを「本気で」カタチにするNPOを育むために、「発行パートナー」になりませんか?1

予算使途の内訳

原稿執筆料、デザイン&レイアウト費、印刷&製本費等

想定されるリスクや問題

特になし

3,000 (購入期間終了)
発行パートナーとしての氏名掲載と『すすめ』1冊の贈呈
商品ID: 6058
現在の購入者数 142

『成果志向の補助・助成金のすすめ』の最終ページに「発行パートナー」としてお名前を掲載し、『すすめ』1冊を贈呈します。

配送予定日 : 募集期間終了後から30日以内にお届けする予定です
国内のみ配送可能
購入期間終了
購入可能期間
2015/11/11 00:00 〜 2015/12/30 23:59
5,000 (購入期間終了)
『すすめ』1冊の贈呈と発行記念イベント(名古屋&東京)招待
商品ID: 6103
現在の購入者数 96

最終ページに「発行パートナー」としてお名前を掲載した『成果志向の補助・助成金のすすめ』1冊を贈呈するほか、2016年3月に愛知県内と東京都内で開催予定の「発行記念イベント」にどちらも無料でご招待します(当日参加できない方には、当日のレポートをメールでお送りします)。

配送予定日 : 募集期間終了後から30日以内にお届けする予定です
国内のみ配送可能
購入期間終了
購入可能期間
2015/11/11 00:00 〜 2015/12/30 23:59
10,000 (購入期間終了)
講師5名のサイン付『すすめ』1冊の贈呈と発行記念イベント招待
商品ID: 6105
現在の購入者数 13

「検討会議」講師5名(鵜尾雅隆さん、岡本拓也さん、長浜洋二さん、山田泰久さん、山元圭太さん)のサイン入り『成果志向の補助・助成金のすすめ』を1冊贈呈します(2016年2月に配送予定)。また、2016年3月に愛知県内と東京都内で開催予定の「発行記念イベント」にどちらも無料でご招待します(当日参加できない方には、当日のレポートをメールでお送りします)。

配送予定日 : 募集期間終了後から60日以内にお届けする予定です
国内のみ配送可能
購入期間終了
購入可能期間
2015/11/11 00:00 〜 2015/12/30 23:59
50,000 (購入期間終了)
『すすめ』1冊の贈呈と木村が講師を務める「勉強会」の無料開催
商品ID: 6106
現在の購入者数 1

『成果志向の補助・助成金のすすめを1冊贈呈します。また、2016年3月に愛知県内と東京都内で開催予定の「発行記念イベント」にどちらも無料でご招待します(当日参加できない方には、当日のレポートをメールでお送りします)。さらに、「成果志向の補助・助成金推進会議 in あいち」の事務局を務める、公益財法人あいちコミュニティ財団の木村真樹代表理事が講師として、本冊子をテキストにした「勉強会」に無料(※)で伺います。
※開催にかかる経費(会場までの交通費、宿泊費、参加者分の本冊子購入費等)は別途必要となります。

配送予定日 : 募集期間終了後から30日以内にお届けする予定です
国内のみ配送可能
購入期間終了
購入可能期間
2015/11/11 00:00 〜 2015/12/30 23:59
シューティングスターからの最新情報をメールで受け取る
×