飲食するだけでインドの子ども達への支援に繋がる!そんな新しいカフェバーを下北沢に創りたい! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥3,400,500113%目標金額¥3,000,000残り時間終了サポーター240人購入期間終了 私たちがカフェ&バーを作る意味こんにちは!Ethical(エシカル)スタッフの岡本舞子です。 日頃は、NPO法人オンザロードの副理事長兼、事務局長を務めています!私は、20歳から世界中をボランティアで回る中、作家高橋 歩(現オンザロード理事長)と出会い、2008年からインドに住み、NPO法人オンザロードの創設・小学校の建設を行いました。現在まで、インドの貧しい子どもたちへの教育支援、そして2011年からは東日本大震災の支援を行っています。(現在は東京在住) これまで沢山の方々に支えられ、活動を続けてきましたが、その歩みの中で同じ志をもった仲間と出会いました。たくさんの人々との繋がりを大切にし、今後は、さらに多くの方々にインド・NPOの活動のことを「知って」「繋がって」もらうため、「食べて社会貢献」という新しい形の支援方法を打ち出していきたいと思い、森村友紀子、南ひろかをはじめ、活動に携わってきた仲間たちと一緒にカフェ&バーのオープンを決めました。 また、Ethicalの売上の一部をインドの活動に寄付することで、一人でも多くの子どもたちが学校に通えるようになることを願い、このお店をオープンしたいと思います。 どんなカフェ&バー?〝飲食をするだけでインドの支援に繋がる〟という、これまでにない新しいタイプのお店です! ★★売り上げの一部をインドへ寄付します★★ 店名は、「Ethical(エシカル)」 Ethicalとは、フェアトレード、オーガニック、リサイクル、社会貢献など、「人や社会、環境や地球に優しいものや事」という意味です。 私たちは、「カフェバーを通じて世界と繋がりを持つ事で、社会貢献をしていきたい。」「一人一人が時代のニーズに合った貢献を出来る場にしたい。」と考え、「Ethical(エシカル)」という名前にしました。思いやりをもって、お客様・世界の子どもたちと繋がっていきたいと思います。 実は、Ethicalを作る計画は、約4年もの月日を経てやっと現実しました。何十件も物件を回ったり、色々な方々にアドバイスをもらったりと、長期間にわたり準備を進め、ついにオープンとなりました! スタッフが大好きなアジアの国々。インド・タイ・バリなど、東南アジアリゾート風の雰囲気の中で、食べ易くアレンジしたアジアンエスニック料理を気軽に楽しむ事が出来ます。4月から着工し、7月1日グランドオープン予定です! 初めての人も参加しやすい、多種多様のイベントを!インドの子どもたちが作ったフェアトレード商品、ポーチやアクセサリーなどを販売。実際にお手にとって見て、お買い上げ頂けます。 また、今後子どもたちが撮った写真や絵画も販売していく予定です。貧困から抜け出すための子どもたちの夢を見つけ、将来の仕事へと繋げる希望になります。 さらに、多種多様の、イベント・ワークショップも行います。心で感じられる素敵な内容をただいま考案中です。 ・ インドに纏わるチャリティーイベント・ 音楽ライブ・ 世界の旅好き会や世界各国に関する面白イベント・ 著名人や仲間たちによるトークライブ・ ワークショップ(エスニック料理教室、ヘナタトゥー、マクラメ作り、ヨガ、オーガニック料理教室 等)・ インドの子どもたちとのスカイプ・ webで路上やガンジス川などリアルタイムのインドを映し出し、皆さんにも見て頂きたいと思います!・ 過去にご支援・ご協力いただいている著名人の皆さんにも協力してもらいオンザロードならではのイベントを!・ いずれは、インドの子どもたちを日本に招待したい! 他にも枠にとらわれないイベントを、行っていきたいと思っています。 一緒にお店を創ろう!一緒に仲間を創ろう!〝「人と人をつなぐ場所」を創りたい。〟昔からオンザロードの活動に関わってきたメンバーをメインスタッフとしております。精鋭ぞろいの、女性中心で構成されています。 また、他にも私たちの周りには、素敵な仲間が沢山います! さらに多くの素敵な方々に出会い、仲間から仲間へのつながりをどんどんとつくりたい!と、思っています。どうぞ私たちのお店に遊びにきて、新しいつながりを作ってください! […]

大切なひとへの贈り物に!カシミヤよりも柔らかく、ウールよりも暖かい!全米大反響の最高級靴下 | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥18,2001%目標金額¥1,500,000残り時間終了サポーター3人購入期間終了 究極のアメリカバイソン靴下米国クラウドファンディングで、キャンペーンスタートから注文が殺到!わずか36時間で目標金額(1,800,000円)に到達。最終的に17,000,000円が寄せられた、カシミヤよりも柔らかくウールよりも暖かい最高級バイソン製靴下がシューティングスターだけに登場です。寒い冬を過ごすにはもちろんのこと、ハイキング用のソックスやプレゼントとしても非常に人気の高い商品です。 究極のアメリカバイソン靴下1究極の靴下を求めて2年前、私たちは冬の厳しい寒さの中でも十分に暖かく、履き心地の良いハイキング用の靴下を探していました。昔おばあちゃんがクリスマスにプレゼントしてくれたウール製の靴下はたしかに最高でしたが、私たちは「それよりもすごいもの」を探し続け、ついにアメリカバイソンと出会ったのです。 バイソンの毛はとても短く、カシミヤより柔らかく、ウールよりも暖かい靴下を作ることができます。私たちはメリノウール、スパンデックス、ナイロンを配合し、冬の間、あなたの足をずっと暖かく保つことができる快適な靴下を作ることに成功しました。 私たちからのお願いは非常にシンプルです。「史上最も快適で、ユニークな靴下を予約してください!」 究極の靴下を求めて1MADE IN USA私たちは「アメリカの製品をアメリカ産の素材だけで作る必要はない」と考えていたので、最初は他の国や地域の素材を使ってみましたが、最終的には「アメリカ産の素材」にこだわることにし、ついにアメリカバイソンにたどり着きました。 バイソンは北アメリカなどに生息する体重約900kgの陸上最大級の哺乳類です。国立公園などの保護区の中でも気性の荒い動物であると思われていますが、狩猟などによって、一時期800頭を下回るまで数が減り、絶滅するのではないかというほどにまでに追い込まれました。幸いなことに法規制、自然保護、および民営化牧場の繁殖プログラムなどによって保護された結果、バイソンは50万頭にまで増え、もはや絶滅危惧種ではなくなりました。 このようなバイソンからとれるダウンは、世界最高のウールよりも高品質で柔らかく、熱を遮断できる繊維になります。バイソンが暑さと寒さの両極端な気候の中で生き残ることができた秘密とも言えます。 アメリカバイソンアメリカバイソンMADE IN USA2バイソンの毛バイソンの毛バイソンのダウンウールに比べてバイソンのダウンは暖かく湿度管理に優れており、丈夫で自宅での扱いも簡単です。しかしながら、バイソンのダウンは繊維がとても短いために加工するのが難しく、コストが大きくなってしまうことが問題でした。「もし売れなかったら?」という心配があるため、世の中ではほとんどバイソンダウンの靴下は見られません。この懸念点を解決するために、今回クラウドファンディングという手法をとり、シューティングスターで予約注文を受け付けることにしました。 ●バイソンダウンの特徴・非常に柔らかい・適切な温度と湿度を保つことができる・ウールより軽く、そして丈夫!・低アレルギー性と、高い抗菌性・縮む心配なく洗濯可能 バイソンのダウン1バイソン靴下の技術私たちは昨年、特殊な糸を開発し、「完全なるアメリカ製の靴下」を生み出しました。アメリカ西部はずれの牧場、東部の製糸工場、そして中西部の靴下を編む工場と提携し、最高品質の靴下をお届けするためのサプライチェーンを構成しました。バイソン1頭からとれる使用可能なダウンは年間で約140gほど。1kgを集めるのに7万円弱のコストがかかります。バイソンの短い繊維を編みあげるために必要な技術を開発したことと、アメリカ製メリノウールを用いたことで、安定度の高い糸を作ることが出来ました。 バイソン靴下の技術1バイソン靴下の技術2バイソン靴下の技術3バイソン靴下の技術4バイソン靴下の特徴紡糸の後は、全米トップレベルの靴下を編む職人さんが丁寧に編みこんでいきます。平らなつま先の縫い目や、補強されたかかととパッド部分によって、快適で丈夫な究極のバイソン靴下が支えられています。 使用素材の配分使用素材の配分こだわりぬいた設計こだわりぬいた設計ふくらはぎ周辺を刺激しない構造ふくらはぎ周辺を刺激しない構造肌に触れるよう内側に編まれた柔らかいバイソンの素材肌に触れるよう内側に編まれた柔らかいバイソンの素材アウトドアにも最適なつま先・かかとの補強で強度と快適さを提供アウトドアにも最適なつま先・かかとの補強で強度と快適さを提供足の保護だけでなく、足のめぐりも促進足の保護だけでなく、足のめぐりも促進側面部分は靴下のフィット感を高め、適切な湿度に保つ設計側面部分は靴下のフィット感を高め、適切な湿度に保つ設計補強された先端は滑らかで刺激なく、つま先部分を保護補強された先端は滑らかで刺激なく、つま先部分を保護14ミクロンの細かさがカシミヤ以上の柔らかさをもたらす14ミクロンの細かさがカシミヤ以上の柔らかさをもたらす繊維の短さが丈夫さの秘密繊維の短さが丈夫さの秘密こだわりのパッケージ靴下を編み上げたあと、最後にウィスコンシン州で作られた特別なパッケージに梱包します。バイソン靴下の誕生にまつわるストーリーは、パッケージデザインとして描かれています。このパッケージは捨てるにはもったいないほどクールなデザインなので、ぜひ再利用してください。 それでももし、あなたがこのパッケージを捨てようと思ったら。このパッケージ素材は「分解可能な堆肥」として認定されており、環境への配慮も行き届いているのでご安心ください。 サイズは2種類。・SMALL 23cm〜27cm・LARGE 27cm〜 色は3種類からお選びいただけます。・Natural color・Navy Blue・Brick Red 抗菌性が高いため、洗濯せずに何日も履き続けたくなる気持ちもわかりますが(笑)、洗濯は必要です。シンプルに洗濯機で洗い、乾燥機で弱めに乾かしてください。漂白剤、アイロン、ドライクリーニングは必要ありません! こだわりのパッケージ1こだわりのパッケージ2Natural colorNatural colorこだわりのパッケージ4私たちの会社こんにちは、United By […]

高校生が創るファッションの新しいスタイル!ファッションブランド RAS の快進撃が始まる! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

About Meはじめまして。瀬田 龍と申します。東京都内に住む17歳の高校生です。 僕は、普段生活している中でとても疑問に思う事があります。 なんでみんな自分を出そうとしないんだろう? 自分の感情、社会関心事に対する思い。。みんなそれぞれココロの中にたまっているモノがあるはず。あるなら外に出してあげないと。溜まったままだと、よくない。 何が正しいか、分からなくなりそうな、そんな時代だからこそ、互いに自分の意思をアウトプットしていくべきだと。そう思います。 そこで、ファッションという切り口からこの問題の問題提起、最終的には問題解決をしたいと思いました。 また、このプロジェクトは、アーティスト・デザイナー支援サイトREBIRTH PROJECT envision (http://envision.rebirth-project.jp/ ) のサポートを受けています。 About Me1なぜファッションなのか?服の歴史を遡ると、旧約聖書のアダムとイブが始まりではないでしょうか。神から食べてはいけないと言われた禁断の実をアダムとイブは食べてしまった。その時初めて、人間に「恥ずかしい」という感情が生まれ、以後身体を隠すために服を着るようになった。。その時から現代まで、服は身体を隠すのみでなく、外見を彩るものへとなっていきました。人間の歴史や文化と共に、様々なスタイルのファッションが生まれてきましたが、人間のカラダの形はほとんど変わっていません。そのため「見た目」という意味では、ファッションは1つの節目を迎えているときなのではないかと思います。 そんな中、ファッションに新しい役割を与えてもいいのではないかと思いました。 具体的にどうすればいいのか。まだ答えは出ていません。だからこそ、この答えを探す旅を今、始めたいと思います。 なぜファッションなのか?1About RAS服ってなんのためにあるんだろう。寒さから身を守るため?裸だと恥ずかしいから、カラダを隠すため?自分をかっこよく見せるため? 僕は、ファッションという概念に風穴を空けていく。 社会に対してファッションが今まで担ってきた役割。それをアップデートしていきたい。そのためにファッションブランド RAS を立ち上げました。 このストーリーはまだはじまってすらいません。スタート地点に経つために、みなさまの力を貸してください!About RAS11st projectRASの第一弾プロジェクトは、Tシャツ×ZINE PRPJECTです。 ZINE.というものを知っていますか?ZINEとは、誰でも簡単に自分の意思や伝えたいことを伝えられる最高のツールです。作り方はとても簡単。表現したい内容を紙にまとめる。絵でも写真でもポエムでもなんでもいい。それを遠足のしおりを作る時みたいに製本して冊子状にするだけ。紙とペンさえあればだれにでもできます。ストーリーを持ったTシャツをつくって、それに沿ったZINEをセットにして皆さんに届けます。新しいファッションのスタイルを、どうぞお楽しみ下さい。1st project11st Message1番最初に伝えたいメッセージは、やっぱり自分の意思をもっとアウトプットしようよ。ってこと。 自分の内側を出し続けないと、いつのまにか「個」はなくなって、自分はシステムの1部になってしまうかもしれない。そんな警告をTシャツに表現しました。 […]

子供もゴクゴク飲んじゃう甘酒を造りたい! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター

★現在の金額¥88,50017%目標金額¥500,000残り時間終了サポーター24人購入期間終了 お米の国の最高の飲み物糀から作られる甘酒は、酒粕に砂糖を混ぜた甘酒とは違い、お粥に米糀を混ぜて発酵させただけの飲み物です。原料は米と水。優しい甘みは砂糖等を一切使用していない、お米自身の甘さです。今回はこの糀から作られる甘酒をベースに使用したいと考えております。 米のデンプンは酵素により糖化され濃厚な甘さを醸し出します。 甘さはブドウ糖、そして必須アミノ酸すべてを含み ビタミン豊富、葉酸を含むなど、その栄養価は点滴にも匹敵すると言われています。江戸時代には食欲が無くなる夏に好んで飲まれたそうです。 また、「産後の日経ちが悪けりゃ、甘酒飲ませ」と言われ、 産後の母親に積極的に飲ませたといいます。甘酒はお米と水でできた栄養ドリンクとして親しまれてきたのです。 栄養面だけではありません。平安の昔には、甘酒の牛乳割りが流行ったそうです。その飲み物を醍醐といいます。「最上の美味なるもの」の意味で、醍醐味という言葉の由来にもなっています。 甘酒、気になって来ましたか?知れば知るほど素晴らしい飲み物なのです。 お米に麹菌を加え麹をつくっていますお米に麹菌を加え麹をつくっています【米糀】まさに米の花の様です【米糀】まさに米の花の様です体に良くて、美味しい飲み物天然成分だけで作られた日本の伝統的な機能性食品とも言える、甘酒。こんなに体に良いのであれば、もっともっと広く親しまれても良いのではないかと思いました。ですが、「甘酒は風味がちょっと苦手で」なんて言葉を耳にする事があります。確かに風味に癖があると思います。もちろん、そこに好き嫌いがあるのですが。 これをもっともっと飲み易いものに変えることができないかと考えました。特にジュースが大好きな子供達が毎日ゴクゴク飲んでくれたら、、、きっと健やかな体作りにも役立つはず!今回は甘酒をベースにした飲みやすくて、体に良くて、美味しくて、新しい飲み物を開発したいと考えています! かけ米にはRICE475 南魚沼産コシヒカリを使用かけ米にはRICE475 南魚沼産コシヒカリを使用原料は米と水原料は米と水一緒に作りましょう!甘酒を飲み易くする為にはどうしたら良いのか?薄めたり、フレーバーを足したり、飲み方のレシピを考えたり、、、様々な試作が想定されます。それらを皆さんと一緒に吟味して、一緒に開発出来ればと思っています。そして、ネーミングも一緒に考えて戴き、多くの方の想いが詰まった商品を開発したいと思います! 完成は春(4月、5月)を目指します。一緒に作りましょう!1予算使途の内訳試作費用 100,000円試飲会開催費用 250,000円ラベルデザイン 150,000円想定されるリスクや問題・甘酒の風味と飲み易さのバランス このプロジェクトを報告する 【パートナー一覧】

日台交流事業 台湾の子供たちと日本の子供たちを少年野球で交流させたい | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥136,00034%目標金額¥400,000残り時間終了サポーター9人購入期間終了 台湾の子供たちと日本の子供たちを少年野球やホームステイを通じて交流させたい今年の10月から、私の住む大阪と台湾の台南市を結ぶ直行便が飛ぶこととなり、台南市政府主催の【台南ー大阪直行便記念交流促進活動】に対し協力要請がありました。 そうした経緯で、私の住む吹田市の小学生5年生約30名を連れて台南市を訪問し、台湾の小学生と少年野球やホームステイを通じての交流事業を11月開催にて計画をしています。(事業運営資金約250万円) 台南市側にも多額の援助をして頂き、子供たちも自己負担をお願いしますが、交通費や運営費など40万円ほど費用が不足しています。 そこで、事業の趣旨に賛同いただける皆さんから応援を頂きたく、このプロジェクトを立ち上げました。 台湾の子供たちと日本の子供たちを少年野球やホームステイを通じて交流させたい1なぜ台湾の子供たちと交流事業をするのか?【台湾と日本は歴史的に深い関わりがあり、日本に対して好意をもってくださっている方がたくさんいる。】70年前まで、台湾は日本の一部でした。それに対し否定的な考えをお持ちの方もいるかもしれませんが、私が何度も台湾を訪問する中で、本当に多くの方が私が日本人であることが分かると日本語で話しかけてくださり、好意を示してくださいました。歴史の解釈がどうあろうと、これは私が体験した事実です。 我々日本人に対し好意を持ってくれる国の皆さんと交流していくに大きな意義を感じています。 【世界一の義捐金を送ってくれた台湾】また、台湾の方々の日本に対する好意は、東日本大震災の時に形となって現れました。世界には200もの国があります。その中には人口が億をこえる国もありますが、そうした国の援助を超えて、世界で一番多くの義捐金を送ってくれたのが人口2300万人の台湾です。その額はなんと200億円以上。政治的な問題で日本政府としては大々的に感謝を伝えることはできませんでしたが、だからこそ我々民間レベルでより交流を深め、感謝の気持ちを伝えたいと考えています。 なぜ台湾の子供たちと交流事業をするのか?1日本の子供たちに海外での学びの機会を今回の交流事業は台湾側からの提案でしたが、招待を受けた日本の子供たちにとっては大きな学びの機会になります。ただ単に野球をするだけではなく、今回は日本の子供たちが一人ずつ各家庭に分かれて台湾の子供たちの家にホームステイをさせてもらいます。違う言語に違う生活習慣。子供には戸惑いもあるかもしれませんが、外国語の習得やコミュニケーションの必要性などを学ぶ良い機会になるでしょう。訪台前には、事前学習として日台の歴史や現在の国際情勢なども子供たちに説明します。 なぜ野球の交流試合をするのか?【双方の国で野球が盛ん!!】サッカー人気も盛り上がっていますが、まだまだ日本でスポーツ人口の多いのは野球です。そして台湾の国技が野球。WBCでもお互いの国の代表が素晴らしい試合をし、試合終了後敗れた台湾の選手が深々とお礼をした姿に多くの日本人が感動しました。また、2014年に日本でもヒットした台湾映画【KANO 1931海の向こうの甲子園】は台湾でも多くの方にみられました。お互いの国にとって親しみのあるスポーツで交流するのが一番良いと考えました。 【言葉が通じなくともできる交流を】今回交流をするのは小学生。お互いに英語などでコミュニケーションをとることは難しいでしょう。しかし、野球のルールは万国共通。まず、スポーツの交流でお互いの壁をなくし、将来的に継続できる交流事業を目指します。 予算使途の内訳・台湾までの交通費・交流事業運営費・全体の事業費用250万円のうち不足分に充当 想定されるリスクや問題・ギフトの送付に少しお時間を頂く場合があります。・緊急時に交流事業が延期される場合があります。 このプロジェクトを報告する

フランスメドックマラソン協力!東北風土マラソンで復興を応援したい! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥1,038,000103%目標金額¥1,000,000残り時間終了サポーター42人購入期間終了 東北風土マラソン&フェスティバルはこんな大会です!私たちは、メドックマラソン日本版*「東北風土マラソン&フェスティバル」の開催を夢みて、約2年間、企画立案に奔走し、この度ついに開催が確定しました!本イベントは、その名のとおり「マラソン」と「フェスティバル」の2部構成から成り立ちます。マラソンの部では、①フルマラソン②ハーフマラソン③アシックス・トゥモローラン(小中高生向け5km、2km)の3種類で構成、走る舞台は東北有数の米所である宮城県登米市内で、桜咲く美しい長沼の周辺がメインのコースになります。コース内の各休憩所では、東北各地から集まった各市町村より、「ご当地もの」の名産品が提供され、ランナーは走りながらにして東北の「食」を楽しむことができます。さらに、東北各地の物産を集めた登米風土博覧会や南三陸視察&語り部ツアーなども同時開催します。2011年の大震災から東北がどのように復興を遂げようとしているのか、「地元の方々との交流」を通じ、東北の今を体感頂きたいと思います。*本マラソンでは、コース内でのアルコール類の提供はありません。 東北風土マラソン&フェスティバル開催日程詳細開催期間は2014年4月26日(土)~27日(日)の2日間です。期間を通じて同時開催される登米風土博覧会は宮城県登米市の「食」の充実・掘り起しをテーマに行われる登米市の名物行事となっており、今回は、登米以外の東北各地からも出展が予定されています。 27日(日)のマラソンの部では、①フルマラソン、②ハーフマラソンの参加者を合計1500名程度、③アシックス・トゥモローラン(5km、2km)の参加者を合計500名と予定しています。給水所では東北各地の名産品を、思い思いに楽しんでいただくことが可能です。また、東北日本酒の仕込み水の提供も予定されており、通にはたまらないエイドステーションとなること間違いなしです。 さらに、その翌日には、任意の参加者に対し、南三陸語り部ツアーも開催します。地元の方からマラソン参加者、または本ツアー参加のみご希望の方等、どなたでも参加可能です。 東北風土マラソン&フェスティバル開催への想い私たちは「東北風土マラソン&フェスティバル」を、メドックマラソンのように、地元の人もランナーもボランティアも一緒に楽しめる大会にしたいと考えています。そのため、年一回のペースで継続的に開催し、開催の度に、東北の地の特産品、観光の復興に磨きをかけ、経済的・産業的側面においても東北の復興を継続的に下支えしてゆきたいと思っています。 そんな我々の意思に賛同したフランス・メドックマラソン事務局は、協力を申し出てくれました。昨年開催されたメドックマラソンでは、ブースにて世界中のランナーに「東北風土マラソン&フェスティバル」の開催を呼びかけ、大盛況でした。東北の人の温もりと世界中・日本中の想いが出会うイベントにし、温かな東北の未来を創出してゆきたいと思います。 走ることが好きな方、東北に興味がある方、食に興味がある方、どんな方でも結構です。共に、温かな東北の未来へ向かって走り抜けませんか? 開催場所の登米市について東日本大震災において、登米市は、市内でも家屋倒壊など多大な被害にあいながら、津波によるさらに甚大な被害のあった隣接の南三陸町など沿岸地域への復旧・復興の補給線として重要な機能を果しました。登米市内の仮設住宅には、今も400世帯以上もの南三陸町の人々が暮らします。この地に、東北各地よりを集め、東北復興をマラソンと観光で支える、そんな大会でもあります。 予算使途の内訳「東北風土マラソン&フェスティバル」開催費(参加募集HP作成、大会運営委託費など) 想定されるリスクや問題気象状況によっては中止になる可能性があります。このプロジェクトを報告する 【パートナー一覧】