学びに関わる全ての人に、米国で話題の映像教材「カーン・アカデミー」に触れ合う機会を作りたい | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥2,656,000102%目標金額¥2,600,000残り時間終了サポーター18人購入期間終了 第1回募集金額で制作したカーン・アカデミー日本語吹き替え版を公開しました第1回の募集金額で翻訳された「カーン・アカデミー日本語吹き替え版」を、GEJのオフィシャルサイトにて紹介させていただきました。皆様のご支援により完成した日本語吹き替え版を、どうぞご覧ください。http://ge4japan.org/ GEJオフィシャルサイトGEJオフィシャルサイトGEJプロジェクトとして、カーン・アカデミー翻訳をはじめますGlobal Education for Japan (GEJ) プロジェクトは、海外各国で提供されている学習コンテンツを日本の学習者に届けたいという想いで、発足しました。 森田は、日本から海外へ留学したい学生の相談を今までたくさん受けてきましたが、なかなか海外に出て学ぶということは、難しいことです。それは資金面もあるでしょうし、本当に海外が自分にあっているか、勉強がついていけるかなど、踏み切るには非常に不安な要素も多いと思います。 そんな中、世界中の学習コンテンツが日本語に翻訳されて自由に国内で学習できたら、その機会が様々な学習者の未来に繋がって行くのではと感じて、GEJプロジェクトを立ち上げました。 第一歩として、カーン・アカデミーよりオフィシャルパートナーとして、学習コンテンツの日本語翻訳の許可を頂くことができましたので、ご賛同頂いて、継続して一つでも多くのビデオを提供できるようにと、みなさまの支援をお願いすることにしました。 GEJロゴGEJロゴ世界のコンテンツを日本へ私は、両親の都合で、12才の時、いきなり日本からアメリカの現地の学校へ入学しました。英語は一言も分からないし、大いなるカルチャーショックも受けましたが、なんとか大学を卒業し、大学院も3つ行きました。そんな経験もあり多くの留学希望者の相談も受けてきましたが、日本でそれなりの準備ができても大きな壁は存在します。 カーン・アカデミーの教育コンテンツを日本語で学び、英語でも学ぶことができるとすれば、そうした壁を超えることができる子どもたちが育っていくきっかけになると信じています。 5000本以上の膨大なビデオから、高校生のやり直しに適した単元をセレクト膨大なビデオがありますが、今回は高校生が中学校レベルからやり直すのにちょうどいいレベルを選んで単元ごとに訳すことにしました。第2回目は、引き続き、前回同様、高校生が中学校レベルからやり直すのにちょうどいいレベルを単元ごとに訳します。今回は代数の概要、一次方程式の単元27本を訳出します。 ネット環境があればPCやタブレットで自習できるのがカーンのコンテンツの優れたところですので、復習や補習に使えると思います。 海外で学習することに興味があるすべての人たち!彼らをサポートしたい人たちはぜひ海外で勉強するといってもピンとこない、なにからはじめていいのかわからない人はカーンのビデオで興味あるものを見て下さい。英語がわからないのであれば、今回プロジェクトで翻訳する日本語のビデオをみて英語版もみるといいでしょう。数学のデキる子なら簡単に思えるでしょう。海外へ飛び出す子どもたちのきっかけになるとウレシイですし、そうした支援をしたいみなさんと盛り上げていきたいです。 プロジェクトオーナープロフィール森田 正康(もりた まさやす)1976年愛知県生まれ。12歳から渡米し、UCバークレー、ハーバード、ケンブリッジ、東大など、国内外の大学大学院を渡り歩く。2003年帰国後、語学系出版社の第2次創業メンバーとして、2006年JASDAQ上場を果たす。その後株式会社ヒトメディアを創業し「教育で世界を良くする」をテーマに様々な事業を展開中。 【主な著書】1997年『日本発ハーバード経由、行き先不明』2002年『eラーニングの<常識>』2005年『東大よりハーバードに行こう!?』2007年『5歳から始めるハーバード留学準備』2008年『一気に10の仕事をこなす!マルチタスクワーキングのすすめ』2009年『100%目標を達成する方法』2012年『僕たちは知恵を身につけるべきだと思う』2013年『誰かに教えたくなる、世界一流企業のキャッチフレーズ』(監修)2013年『エリートを超える凡人のための人生戦略ノート』2013年『ぜんぜん気にしない技術』(家入一真氏との共著) GEJ代表 森田正康GEJ代表 森田正康予算使途の内訳英語の映像教材のボイスオーバー翻訳 このプロジェクトを報告する 【パートナー一覧】

カンヌグランプリ監督の河瀬直美と、世界・日本・奈良を繋ぐ「なら国際映画祭」をつくろう! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥10,045,000100%目標金額¥10,000,000残り時間終了サポーター93人購入期間終了 〜なら国際映画祭の想いとクラウドファンディング〜ひとりでも多くの方にこの映画祭に参加をして欲しいんです なら国際映画祭はのんびりとした自然とお寺や神社に囲まれた映画祭奈良公園で芝を食む沢山の鹿さんたち世界遺産に囲まれたヒーリングな場所ときには優しくときには厳しく慈愛を持ったまなざしをむける仏像たち素朴で親切な人々。。。 手作りで、笑顔で、優しいそんな映画祭の開催にみなさまのお力をおかしくださいひとりでも多くの人に関わっていただくことでこの小さな映画祭がひろがってゆきます 世界から集まってくる愛すべき作品たちをみんなでお迎えしその地の空気に体を預け世界の今を感じてください 明るくて希望のあるものもある一方で辛いもの、悲しい物もあるかもしれませんだけど、そこにみんなでこころを沿わせてみますそれが小さな平和につながると信じて 〜なら国際映画祭はこんな方々に応援していただいてます その1〜なら国際映画祭には国内のみならず、世界中から多くの映画関係者にご協力をいただいてきました! 〜女優 桃井かおりさんから〜「凄かった。感動でした。なんせ映画に挑んでいる姿勢が美しいもの。」http://www.nara-iff.jp/about/message.php 〜スペインの巨匠 ビクトル・エリセ監督から〜「近頃は、なら国際映画祭にて見受けられたような、映画に対する情熱とピュアな奉仕、奉納というものを見つけることが困難です。どうぞ、なら国際映画祭はその精神を続けていってくださいね。」http://www.nara-iff.jp/blog/2011/12/post-73.php 〜女優 大島葉子さんから〜奈良で産まれた映画「朱花の月」が世界に飛びたちました。そして、今、また、世界のどこかで産まれた映画が奈良に来ようとしています。なら国際映画祭で、その映画達に出逢える事の喜びをみんなで体験しましょう。 〜なら国際映画祭はこんな方々に応援していただいてます その2〜〜ジェイコブ・ウォン/ Jacob WONG〜香港国際映画祭・キュレーターHAF(香港アジアフィルム・ファイナンシング・フォーラム) ディレクターベルリン国際映画祭・アジア地区選考代表代理 「勝者がすべてを手に入れ」、「より大きいものがより良い」とされるこの時代、なら国際映画祭は、そんな中でも、その親密な雰囲気創りと非凡なビジョンを持ち、際立った存在でいる。 この映画祭の長編第1および第2作品を対象にした、若き映画作家たちに捧げられた小さなプログラムはユニークな賞を設けている。その賞は、なら国際映画祭とそのエグゼクティブ・ディレクターである河瀨直美が、彼・彼女たちと一緒にその土地で映画を創るというものだ。この映画祭が大きな役割を果たしていると言えることのひとつに、これら若い映画作家たちが互いに出会い、そして繋がる場を提供し、良い映画には必用不可欠な要素である、彼・彼女たち‘個人’が投影された作品を創ることへの強い意思を集う者たちにもたらしていることにある。 なら国際映画祭を彩る素晴らしい企画たち!!〜RED CARPET〜なら国際映画祭は世界遺産の中 美しい空気と 神仏と自然に抱かれながら 幕を開けますこのRED CARPETは映画祭にとって特別なもの。。。。映画祭をともにつくる審査員、招聘監督、を始めとするゲストと映画祭を支える自治体、一般企業、RED CARPET CLUB会員などの支援者がともに歩くステージ 〜International Competition〜本映画祭のメインコンテンツ!世界の若い才能が集結し奈良ととに世界へ羽ばたいてゆく  〜NARAtive〜*NARAtive(ナラティブ)ー 今後の活躍が期待される若手の映画監督を招き、奈良を舞台に映画を制作するプロジェクト。 「NARA」+「narrative」=NARAtive  奈良 物語る 〜企画上映〜野外上映会や社寺、カフェでの上映など映画館のない奈良市で工夫をこらして映画を観ていただきます 過去になら国際映画祭にご参加いただき応援いただいている皆様ビクトル・エリセ監督是枝裕和監督井筒和幸監督カール・マルコヴィックス監督アピチャッポン・ウィーラセタクン監督レスリー・キーさん桃井かおリさん尾野真千子さん松田美由紀さん […]

日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥7,447,500148%目標金額¥5,000,000残り時間終了サポーター692人購入期間終了 はじめまして!家入一真です。みなさんはじめまして。連続起業家で実験活動家の家入一真と申します。ぼくのことをご存知ない方も多いと思うので自己紹介をさせていただきます。 ぼくは1978年、福岡で産まれました。中2から学校に居場所がなくなり、「引きこもり」に。高校中退後、美大をめざしましたが、志なかばで挫折。就職するも、職場に馴染めず転職を繰り返す日々…。 それならばと、2001年に自宅で「ロリポップ!レンタルサーバ」を立ち上げました。サービスは急成長し、2003年「株式会社paperboy&co.」を創業。2008年にはJASDAQ上場を果たしました。 その後、リアルとネットにこだわらず、様々な会社を立ち上げました。どうもひとつ所に留まることができないぼくは、あちこちで居場所をつくり続けています。 もっと東京に居場所をぼくは中2から成人するまでのほとんどの時間を家とインターネットで過ごしました。ネットがあったから今まで生きてこれた、そう言っても過言ではありません。みなさんも経験ありませんか?学校や会社、飲み会などで、なんとなく居場所の悪さを感じてツイッターやネットに逃げちゃうこと。インターネットが逃げ場のひとつになり得るのではないか。ぼくは本当にそう思っています。実際、ぼくはツイッターに電話番号を公開していろんな子の悩み相談にのっていますが、行き場を失って誰に相談したらいいのかもわからないような子からの叫びにも近い相談も多いのです。 日本は圧倒的に居場所が少ないです。家庭、学校、会社。それ以外の逃げ場の少なさが、日本の自殺率に繋がってる気がしてなりません。ネットを使って、もっと人の繋がりや居場所を作ることができるんじゃないか。東京都から、いろんな仕組みを変えてくことができるんじゃないか。そう思っています。インターネットを政治に近づけたい正直、ぼくは政治のことがよくわかりませんでした。誰が、どこで、何のために決めているのかもわからない。ましてや、ぼくらのような若者と呼ばれる世代の意見は決して通らない。自分とは関係のないものだと思ってきました。 これまでは、ぼくの領分はビジネスだと思って色々とやってきましたが、最近改めてそれだけでは難しいなぁと感じるようになりました。この国の、遠い政治を少しでも変えていきたい。そう考えたとき、「インターネットを政治に近づけていくこと」が、答えのひとつになるんじゃないかと思いました。 日本ではまだ前例のない、クラウドファンディングでの出馬。ぼくが始めることで、今後お金の無い人だって選挙に出られるかもしれない。いろんな人が今よりハードルを感じることなく、政治に参加してみることができるかもしれない。そう思い、立ち上がってみました。 これは一つの実験です。多くの人が共感して参加して広がっていくことで、新しいスタンダードになるかもしれない。一緒に未来を少しでも楽しいほうに変えていきましょう。 予算使途の内訳インターネッ党の政治活動と、東京都知事選挙における家入一真の供託金300万円、家入一真の政治活動(選挙運動を含む)に使わせていただきます。 想定されるリスクや問題公職選挙法、政治資金規正法などの法令を遵守し、選挙管理委員会や弁護士と相談の上で進めています。「支援する」からギフトを選択し、決済いただくことは、「インターネッ党」との「売買契約」となります。インターネッ党や家入一真への「寄付」ではございませんので、予めご了承下さい。このプロジェクトを報告する 【パートナー一覧】

世界各国CK地元化計画〜まずはタイへ行きタイ〜 | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥5,380,100179%目標金額¥3,000,000残り時間終了サポーター877人購入期間終了 C&K世界各国CK地元化計画を一緒に盛り上げよう!日本全国を自分たちの地元にしたい!そんな強い想いで始まった「日本全国CK地元化計画」を着々と進めている男性ボーカルユニットC&Kが、世界進出へ第一歩を踏み出します!!「世界各国CK地元化計画inタイ」と銘打って、タイのバンコク都内を流れるチャオプラヤ川のリバーサイドで、まずはオフ会的に即興イベントをやりたいと思ってます。実際に日本を離れて見えてきたモノや景色、風を感じ今後の曲作りに最大限活かしていきたいと思ってます。 ご支援頂くみなさまには、イベント参加はもちろん、C&Kと写真撮影会に食事会、更にイベントスタッフとして帯同のチャンスもご用意しております。 ※タイ訪問日程:2014年1月10日〜17日の内 3泊4日程度を予定※イベントの日程は、2014年1月10日-13日のいずれかを予定しております。C&Kが世界進出!!2013年8月28日にリリースされた、9枚目のシングル「へべれけ宣言」のPVをアジアの楽園、マカオで撮影したり、同楽曲が、マカオ、タイ等アジア14の国と地域で配信されたりと、着々と世界進出を始めているC&K。http://www.barks.jp/news/?id=1000093136「へべれけ宣言」 http://www.youtube.com/watch?v=jWGZAD-urdU「みかんハート」http://www.youtube.com/watch?v=1s85ScZjWxo そんなC&Kが、世界進出の第一歩としてタイのバンコク都内を流れるチャオプラヤ川のリバーサイドで手作り感満載のオフ会的イベントを行いたいと思ってます。 悠久の時が流れる、チャオプラヤのリバーサイドでC&Kの二人が感じた想いを今後の楽曲作りに最大限活かし、日本人として本気で世界各国CK地元化計画を実現したいと思ってます。この活動を是非応援してください。 各国のメディアにも積極的この活動を取り上げていただけるように頑張っていきます。 マカオでのPV撮影、トゥクトゥクに乗りました!マカオでのPV撮影、トゥクトゥクに乗りました!マカオでPV撮影をしている風景です。現地の人と撮りました!マカオでPV撮影をしている風景です。現地の人と撮りました!マカオにPV撮影で訪れた時の写真ですマカオにPV撮影で訪れた時の写真です現地タイのアーティストの方も応援してくれています。C&Kの世界進出は、日本でも沢山の方にご支援いただいておりますが、海外の方からも応援されています!現地タイのアーティストの方から、応援メッセージが届いております。http://youtu.be/3AoOlbHG3b8予算使途の内訳イベント制作費、移動交通費 想定されるリスクや問題安全確保には主催者側で細心の注意をもって実施しますが、旅行中にケガ等を負った場合の治療費等や、盗難・紛失で被害を受けた場合、参加者様ご自身で負って頂くことになります。 このプロジェクトを報告する 【パートナー一覧】

石巻市雄勝町に、世界一の学び舎を作るプロジェクト PART2はこどもたちのため遊具支援! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター

★現在の金額¥1,597,000106%目標金額¥1,500,000残り時間終了サポーター57人購入期間終了 雄勝学校再生プロジェクトについて築90年、廃校となって12年が経つ旧 桑浜小学校。東京駅の駅舎と同じ、雄勝硯を使ったスレート屋根が特徴的な美しい佇まいの木造校舎を、新しい学び舎として再生。 海と山がつながる豊かな雄勝の自然の中での農林漁業や、そこで育まれる食材を使った料理、木を使った木工、雄勝硯や無形文化財の法印神楽など、雄勝でしか実現できない体験を提供。水やエネルギーの循環を体感し、サステナブルに生きる力を育むことを目指しています。また、タブレットを活用したドキュメンテーションやデザイン、プログラミングなどのITプログラムも提供しながら世界とのつながりをつくります。 少子高齢過疎化の象徴である廃校を再生することで、学びを通じて世界が注目し、さらに豊かな食と心地よい宿泊施設も併設することにより、そこを訪れたくなる「まち」をつくるプロジェクトです。漁業体験漁業体験農業体験農業体験林業体験林業体験豊かな川での自然体験豊かな川での自然体験雄勝湾雄勝湾山と海がつながる豊かな自然山と海がつながる豊かな自然雄勝産のホタテはその大きさが有名雄勝産のホタテはその大きさが有名雄勝硯雄勝硯廃校を新しい学び舎に再生! 2/12 2013年10月~2014年9月まで毎月テーマを変えて、場やプログラムをブロックに分けてファンディングする。ブロックファンディングという世界初の試みです! ギフトを購入することが、廃校を再生させることにつながる。そして、いつか実際に三陸、雄勝の町を訪れることにつながる。ブロックファンディングを通じて、こどもと一緒に行く場所を、ここでしか味わえない経験を、ともに創りませんか。 今月は「体:アスレチックフィールド」桑浜小学校の山の斜面に昔からあった滑り台を中心とした遊具の改修、建設する費用を集めます。 来月は「食:レストラン」がテーマです。to be continued… 今月のテーマは体:アスレチックフィールド今月のテーマは体:アスレチックフィールド全長60メートルの滑り台全長60メートルの滑り台天辺からは下が見えない程天辺からは下が見えない程舞台は旧桑浜小学校舞台は旧桑浜小学校先月までのあらすじ先月は「骨:ベース」学校を支える基礎や柱といった老朽化した骨組みを修復する費用(1,548,000円)が集まりました。https://shootingstar.jp/projects/225 お陰さまで、雄勝の廃校の老朽化した基礎の修復がはじまっています。山を背負う学校ゆえ、大雨により学校の床下に土砂が流れ込み、溜まっていました。水路を詰まらせていた土砂を除去し、校舎内の床をはがして綺麗に土砂を搔き出しました。そして神社や仏閣を補修する家曳き職人が高知から登場。160個のジャッキで校舎を12センチ浮かせ、腐った柱を付け替えました。 これまで90年の間学校を支え続けた柱に、これから90年支え続ける新しい柱を付け替えはじめています。そして、これからコンクリートの基礎をつくり、学校をすえつけます。 少しづつ、皆さんのお力により学校の骨となる基礎が修復されています。 12年分の土砂が積もった校舎裏12年分の土砂が積もった校舎裏土砂かき後に復活した水路土砂かき後に復活した水路教室の床はがし教室の床はがし家曳き職人によるジャッキアップ家曳き職人によるジャッキアップ古い柱を新しい柱で支える古い柱を新しい柱で支える今月のスペシャルギフトは人気作家の藤原和博さんです!ご一緒に食事やワークショップに参加する事で楽しく学びながら雄勝の学校再生に貢献できます!講演または研修に関してはオーナーへお問い合わせください!!!藤原 和博 (ふじはら かずひろ)教育改革実践家杉並区立和田中学校・元校長 1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、㈱リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08年~11年、橋下大阪府知事特別顧問。著書は『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)など人生の教科書シリーズ、『リクルートという奇跡』『つなげる力』(文春文庫)、『校長先生になろう!』(ちくま文庫)、近著は『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済)。日本の技術と職人芸の結晶であるブランドを超えた腕時計「japan」や「arita」(文字盤が有田焼の白磁)を諏訪の時計師と共同開発。活動は「よのなかnet」http://yononaka.net に詳しい。ツイッター@kazu_fujihara 今月のスペシャルギフトは人気作家の藤原和博さんです!ご一緒に食事やワークショップに参加する事で楽しく学びながら雄勝の学校再生に貢献できます!講演または研修に関してはオーナーへお問い合わせください!!!1予算使途の内訳こどもたちの遊び場(滑り台等)の修復、遊具の改修や改装工事費など 想定されるリスクや問題開校に必要な全ての資金調達が遅れることによる開校の遅延 このプロジェクトを報告する 【パートナー一覧】

こどもたちの教育、大人たちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥1,787,550119%目標金額¥1,500,000残り時間終了サポーター128人購入期間終了 震災の跡を残しながらも豊かで雄大な自然の中に、こども達の生きる力を育む学び舎をつくり「皆が訪れたい『まち』づくりへ!」2011年3月11日、街の約8割が津波に流されてしまった宮城県石巻市雄勝町。雄勝では震災から3年5ヶ月が経ち一部の漁業が再開となるも、街全体はまだまだ深刻な現状にある中で、この先の未来へ繋ぐ新たな希望をこの雄勝から発信すべく「雄勝学校再生プロジェクト」をスタートさせました。 舞台は、築90年、2001年に閉校となった旧桑浜小学校。海と山がつながる豊かな自然の中での農林漁業や、そこで育まれる食材を使った料理、木を使った木工、雄勝硯や無形文化財の法印神楽など、雄勝でしか実現できない体験を提供することで地元の方々の雇用を生むと共に、世界中のこども達の心を育んでいく学び舎をつくります。 少子高齢過疎化の象徴である廃校を再生し、「生きる」ための力や命の大切さを学ぶ機会を国内、外に提供し、交流人口が増え、雄勝に雇用が生まれ、そして、こども達の未来を真剣に考える豊かな街に生まれ変わる。そんな「まち」をつくるプロジェクトです。 震災の跡を残しながらも豊かで雄大な自然の中に、こども達の生きる力を育む学び舎をつくり「皆が訪れたい『まち』づくりへ!」1震災の跡を残しながらも豊かで雄大な自然の中に、こども達の生きる力を育む学び舎をつくり「皆が訪れたい『まち』づくりへ!」2震災の跡を残しながらも豊かで雄大な自然の中に、こども達の生きる力を育む学び舎をつくり「皆が訪れたい『まち』づくりへ!」3震災の跡を残しながらも豊かで雄大な自然の中に、こども達の生きる力を育む学び舎をつくり「皆が訪れたい『まち』づくりへ!」4最終回!!廃校を新しい学び舎に再生!12/122013年10月~2014年9月まで毎月テーマを変えて、場やプログラムをブロックに分けてファンディングする。「ブロックファンディング」という世界初の試みです! ギフトを購入することが、サステナブル教育の学び舎をつくる。そして、いつか実際に三陸、雄勝のまちを訪れることにつながる。ブロックファンディングを通じて、こどもと一緒に行く場所を、ここでしか味わえない経験を、ともにつくりませんか? 最終月の今月は「鉱:硯体験」がテーマです。 日本一の硯の産地、雄勝。その雄勝でこども達が硯石でクラフトや硯づくりを体験するプログラムを開発する資金を募集します。 前回までのあらすじ10月 骨https://shootingstar.jp/projects/22511月 体https://shootingstar.jp/projects/38512月 食https://shootingstar.jp/projects/4341月 住https://shootingstar.jp/projects/4752月 芸https://shootingstar.jp/projects/5823月 知https://shootingstar.jp/projects/6834月 海https://shootingstar.jp/projects/7665月 農https://shootingstar.jp/projects/8556月 癒https://shootingstar.jp/projects/9857月 工https://shootingstar.jp/projects/10988月 森https://shootingstar.jp/projects/1189合計:1038名、約1,500万円雄勝とは?宮城県石巻市雄勝町。リアス式の美しい三陸海岸に面したこの町は、県内随一の降雨量を誇り、森と水と海に恵まれ、東日本大震災の前は、約4,300人が暮らす活気あふれる町でした。 帆立や銀鮭、牡蠣やホヤなどの養殖を中心とした漁業、国内生産量の90%を占める硯石。あの東京駅の駅舎の屋根にも雄勝産の天然スレートが使われています。そして国の重要無形文化財である、室町時代から伝わる雄勝法印神楽。 日本の財産と言える自然や文化、そして生活の営みの凝縮が、この町にはありました。現在の人口は震災前の1/4、1,000人をきっています。 しかし、雄勝町で生きる人たちは、たくましく産業の復興に取り組み、また日本全国や世界中から、さまざまな分野のプロフェッショナルたちが集まり、新しい日常へ向けての確かな歩みを一緒に始めています。 予算使途の内訳雄勝でこどもたちが硯石でクラフトや硯作りを体験するプログラムの開発 想定されるリスクや問題開校に必要な全ての資金調達や工事が遅れることによる開校の遅延 このプロジェクトを報告する

インターネッ党 | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

インターネッ党( インターネッ党(代表者 家入一真) )マイページ 元引きこもり/JASDAQに最年少社長として上場/連続起業家 1978年生まれ。福岡県出身。いじめに遭い、学校に馴染めず高校1年生の時に中退。約3年ほどひきこもりとなる。その後に大学入学資格検定(現在の高等学校卒業程度認定試験)に合格。住み込みの新聞配達をしながら奨学金を得る新聞奨学生制度を新聞で知り、朝夕に新聞配達をしながら昼は芸大美大受験を目指していた。その後、デザイン会社に入社、在職中にウェブサイトのデザインに興味を持つ。 ウェブデザインの技術的知識を身に付けようとコンピュータのシステム会社に転職し技術を習得。2001年、自宅で「ロリポップ!レンタルサーバ」を立ち上げる。2003年、株式会社paperboy&co.を創業、2008年29歳の時にJASDAQ市場へ最年少で上場する。 現在は株式会社paperboy&co.を退任し、連続起業家(シリアルアントレプレナー)として、国内最大手クラウドファンディングサイト「株式会社ハイパーインターネッツ」取締役。スマートEC運営「BASE株式会社」共同創業取締役。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役、モノづくり集団「Liverty」代表など、さまざまな業種のベンチャー企業に参画している。 現代の若者たちの駆け込み寺(シェアハウス)ともいえる「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。「起業」「モノづくり」「新しい働き方」「これからの生き方」「引きこもり」などをテーマとした講演を多数おこなっている。 受賞歴:第5回Webクリエーション・アウォード Web人賞受賞 【日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!! 【パートナー一覧】

sweet treat 311 | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

東日本大震災後に炊き出しや高級スイーツなど心のこもった食事を提供し、その後石巻市雄勝町にて作家の藤原和博氏をはじめ林真理子氏、三枝成彰氏、勝間和代氏らとの出前授業をきっかけに地元小中学校の教育支援をスタート。基礎学力の向上や自然をいかした体験プログラムをこれまでのべ5,000名の実施し、たくましく生きる力を育むきっかけを差し出してきた。 http://ogatsusaisei.jp/ MYプロジェクト 雄勝に自然の循環を体感する世界初の学び舎を!12カ月で廃校を再生!パート1「 骨:ベース」 石巻市雄勝町に、世界一の学び舎を作るプロジェクト PART2はこどもたちのため遊具支援! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる! 【パートナー一覧】

石巻・津波が入った場所にレストランとゲストハウスを建設中。最後の内装費用へのご協力を! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

★現在の金額¥2,231,521111%目標金額¥2,000,000残り時間終了サポーター113人購入期間終了 【復興はすぐそこ!】オープン後は地元の方々と一緒に創りだす、皆が「参加型」の施設として始動開始!NPO法人オンザロードは2011年4月より、石巻市渡波地区を中心に、泥出し・ガレキ撤去を担当してきました。 石巻市渡波出身である長井孝洋氏(通称 ロングさん)は、自身が被災しながらも、オンザロードと一緒に活動を行って来ました。 地元をこよなく愛し、サーフィンとバスケットが大好きな、地元でも愛されキャラのロングさん。 今回、地域に根ざした復興複合施設建設の為ならばと、ロングさんの所有する土地の利用許可と共に、ロングさんと一緒にこのプロジェクトを始動することが決定しました! これまでの活動を活かし、地元の方の生の声を聞き、そして地元の方と一緒に創り上げる。地域再生の象徴となるような復興複合施設「ロングビーチハウス」を建設しています。外観工事を経て、現在は内装工事を行っていますが、最後の作り込み予算と運転資金が足りていません! 現在最終調整中!いよいよ2015年3月14日、復興複合施設「ロングビーチハウス」のオープンです! <建設地>住所:宮城県石巻市渡波字浜曽根の壱47-1地積:411平米渡波駅から車で3分・徒歩10分、市中心部(石巻駅)から車で15分ほどの距離。 外観建築の様子外観建築の様子内装ペンキ塗りの様子内装ペンキ塗りの様子ロングさんロングさん着工時の様子着工時の様子ロングビーチハウス位置ロングビーチハウス位置外観仕上げの様子外観仕上げの様子内装作業を手伝って下さっているボランティアの皆さん内装作業を手伝って下さっているボランティアの皆さんレストランスペース図面レストランスペース図面施設の内容をご紹介! 皆が「参加型」! 地域に寄り添ったコンテンツを目指します!【ここ石巻地方には楽しいことがたくさん存在しています。】 ●石巻の特産物を使ったレストラン石巻の特産物や旬の食材を使用したスペイン料理を提供します。美味しい料理とお酒、是非ご賞味を! ●県内外から訪れる訪問者のゲストハウス「復興」。県外の方にこの地域に訪れ、学んで頂くことが多々あります。一人でも多くの方が石巻に! ●地域コミュニティを促進するためのコミュニティスペース仮設住宅などで暮らす方々や、一人暮らしのお年寄りの方などが積極的に外へ出るきっかけ作りの場として、ワークショップや、展示スペースを企画します。 ●石巻の特産物を直販するマーケット様々な商品を揃えたマーケットを設置し、地元の産業アピールを!今回のギフトも魅力的な石巻の商品が沢山!買って頂くだけで復興に! ●石巻や周辺地域の特製を活かしたツアーの開催石巻は自然・食・文化が揃い、観光地としてとても魅力的な土地。観光による経済活性化を目的としたコースを提案していきます。 この施設は、応援してくれる皆で創り上げられていきます!全国各地から、より石巻の魅力が引き立つような楽しい意見を常に募集中です! 最終系完成イメージ最終系完成イメージ内装作業の様子内装作業の様子レストラン開放部分レストラン開放部分手作りバーカウンター手作りバーカウンター手作りテーブルと椅子手作りテーブルと椅子手作りテーブルと椅子手作りテーブルと椅子【311を忘れないで!】何故 いま、この施設が必要なの?宮城県石巻市は、東日本大震災で最大の人的被害を受けた地区です。 これまであった地域ごとのコミュニティが崩壊し、自宅を再建する方や避難していく方など、新しい環境でのコミュニティの再構築が必要です。 さらに、石巻の課題として、震災以前より地域産業が減少し、若者が地元に残りたいと思っても仕事を選択する事が難しく、地元を離れざるをえない状況があります。 我々は、今、復興のために石巻に必要なことは「人々が住みたくなる、遊びに行きたくなる町づくり」そして、「町づくりによる交流人口の増加と雇用の創造」だと考えます。 今後の「町づくり」を考えた結果、外部からの一方的な支援という形ではなく、被災者の方々と共に地域の一員としての活動を決めました。 地元の方々と共にこの施設の運営を行い、石巻の魅力を再確認し、地域住民の自立・経済復興へ向けて、『本当の意味で地域に寄り添った、息の長い復興支援』を目指します。 【支援対象者】石巻市人口:約15万人、地元雇用・連携業者:30人、周辺地域の子ども:2,000人/年、市外からの来石観光客:2,000人/年 皆でペンキ作業!皆でペンキ作業!震災直後から、ロングさんは熱い男でした!震災直後から、ロングさんは熱い男でした!石巻に住んでいる元ボラティアの方々もお手伝いに!石巻に住んでいる元ボラティアの方々もお手伝いに!オンザロードでは石巻の皆さんに寄り添った活動を続けてきましたオンザロードでは石巻の皆さんに寄り添った活動を続けてきました石巻の方々と一緒に!をモットーに!石巻の方々と一緒に!をモットーに!石巻には面白いことがいっぱい!石巻には面白いことがいっぱい!東日本大震災により壊滅的な被害を受けたこの街を楽しい街にしたい!一緒に楽しもう!集まれ!日本中、世界中の人たち!そんなロングビーチハウスプロジェクトに皆さんのお力添えを是非、お願いします!長井よりご挨拶!【ロングビーチハウスリーダー 長井 孝洋(通称 ロングさん)】 「東日本大震災」一瞬にして風景が変わったわが故郷。一歩間違えば落としていただろう我が命。瓦礫が片付き家々は解体され更地ばかりになった。そして少しずつ家が建ち始めた。この街をもっと楽しい街にしたい!生かされた命、俺がやらなきゃ誰がやる。そんな思いでこのプロジェクトを立ち上げました。 東日本大震災により壊滅的な被害を受けたこの街を楽しい街にしたい!!ここ石巻地方には楽しいことがたくさん存在しています。ロングビーチハウスをベースに学ぶ・遊ぶ・食べる・飲む・そして出逢う。そんなロングビーチハウスプロジェクトに皆さんのお力添えを是非、お願いします。 […]