きらめくアイデアをカタチに - クラウドファンディングの【シューティングスター】ShootingStar

ShootingStar - クラウドファンディング > 活動報告 > ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にし...

出版・コミック

ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!働けなかったからこそわかる、働けることの価値

【残時間80h】応援者が34名、日本人の0.000027%まで支持率アップしました!

2013 年 09 月 05 日 21:07

工藤啓
工藤啓
2010年10月1日時点における日本の総人口(国勢調査)は
128,057,352人です。

今回の書籍制作チャレンジには34名が応援してくださったことで
日本人の0.000027%が「よし、やれ!」と背中を押してくれた
計算になります。

大変ありがたいことです。

世の中には生死に直結することは最優先されるべき


確かに、世の中には生死に直結することは最優先されるべき
だと思います。僕もそういう案件に挑む友人やチャレンジには
微々たるものですがご寄付させていただいたりしています。

若年無業者(いわゆるニート)の問題は、今日明日で生命に
関わるでしょうか。

そういうひとも一定数いると思いますが、多くはそうでない
ように思います。

しかし、働く意思を持ちながらも求職行動に出られないひとの
なかには危機的な状況の方々もいらっしゃると思います。

日本では、「最近何しているの?」という質問が意味するのは
ある年齢を超えた場合、「何の仕事をしているの?」と
ニアリーイコールです。

働き始めると、「社会人になった」とあたかも働いていることが
社会の一員となり得る前提条件のような気持ちになります。

無業期間が長期化すると、経済的に苦しくなることは
あります。収入がないからです。

しかし、それ以上に無業期間が長引くと、関係資本が
低下します。孤独になります。

孤独になると、誰にも助けが求められなくなります。
日本社会には、若者を支援対象とみなしてこなかった
経緯があります。行政の部局箇所名に「若者」はありません。
これは公助が効いてないといえます。

市民活動に端を発するNPOの活動領域に「若者」はありません。
これは共助が効きづらい理由になりえます。

すると残るのは何か。それは自助、自己責任です。それでも
生命に直結するほどの危機という理解に足りえないのは
家族的サポートがある(あって当然)という認識だからです。

しかし、それがない場合はどうでしょうか?
誰にも助けを求められない。助けがない。資本は低下し
どんどん苦しくなります。

僕はこの10年無業の若者に支援をさせていただいています。
このインターネットが発達した時代でも、これまで
数冊書籍を出させていただきましたが、それを読んで
初めて支援というものがあるんだ、とご相談に来られる
ことも、事実少なくありません。

若年無業者はおよそ人口の2%といわれています。

今日、書籍制作を応援してくださった方が、0.000027%まで
上昇しました。

応援くださった方のレバレッジを10万倍にできれば
2%になります。ちょっと果てしなく遠い数字です。

まだ残時間が80時間くらいあります。
10万倍を少しでも小さくできればと考えています。


ぜひ、以下のサイトの活動報告や思いの部分だけでも
お読みいただければ幸いです。



【ShootingStar】ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!
~働けなかったからこそわかる、働けることの価値~

   http://shootingstar.jp/projects/64 



------------------目的地と現在地-----------------

目標の金額: 650,000円

現在の金額: 236,000円<<<昨日より86,000円up!

達成率  : 36%

応援者数 : 34人<<<昨日より10名up!

支援について:  

○ 1,000円 Special Thanksページにお名前掲載!
○ 3,000円 書籍の原稿データ贈ります!
○ 5,000円 書籍を贈ります!
○ 10.000円 書籍と特別冊子を贈ります!
○ 15,000円 制作発表/打ち上げパーティーにご招待!ほか

----------------------------------------------

【ShootingStar】ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!
~働けなかったからこそわかる、働けることの価値~

   http://shootingstar.jp/projects/64 


育て上げネット
工藤 啓

このプロジェクトを友だちにシェアしよう!
シューティングスターからの最新情報をメールで受け取る
×