きらめくアイデアをカタチに - クラウドファンディングの【シューティングスター】ShootingStar

ShootingStar - クラウドファンディング > 活動報告 > ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にし...

出版・コミック

ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!働けなかったからこそわかる、働けることの価値

若者への感情的バッシングを変えるソーシャル・プロモーション

2013 年 07 月 12 日 22:24

工藤啓
工藤啓
 公助が高齢者層に振り向けられ、共助が機能しなくなり、残ったのは
 自助/自己責任のみ。だからこそ改めて共助の仕組みを構築し、公助が
 若い世代に効くよう、それが日本社会にとってどれだけ重要なのかを
 発信し続けなければ何も変わりません。沈み逝くタイタニックの船上で
 文句を言っているだけの状況を変えなければなりません。

ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!

 第二子が生まれ、無事に退院してからスタートした人生二回目の育休生活も
 三週間目に入りました。二年ぶりの乳児のケア、何をどうするのかについて
 驚くほど忘れており、自分で書いた過去のブログを読み直すような滑稽な
 ことをしております・・・

 この間、平成25年版子ども・若者白書の発表から「ニートの若者63万人、
 過去最多2.3%」というニュースも駆け巡りました。また、参議院議員選挙を
 前に「子育て世代に対する社会的インフラ/政策」をどうしていくのかなど
 まさに僕自身の私生活から仕事まで、日本社会の次世代に対するニュースが
 流れています。

 多忙なお時間を割いてまでこの文章を読んでくださっているみなさまと
 共におりますと、次世代育成に対する必要性と重要性を認識し、かつ、
 行動される方ばかりのように思えてしまうわけですが、

 もうひとつ大きな視点で見ると、残念ながら非常に強い感情論をベースと
 した若者世代へのバッシングが少なくない、いや、むしろ多いです。

 公助が高齢者層に振り向けられ、共助が機能しなくなり、残ったのは
 自助/自己責任のみ。だからこそ改めて共助の仕組みを構築し、公助が
 若い世代に効くよう、それが日本社会にとってどれだけ重要なのかを
 発信し続けなければ何も変わりません。沈み逝くタイタニックの船上で
 文句を言っているだけの状況を変えなければなりません。

 一般的な広告や宣伝をプロモーションと言うならば、社会を変えていく
 ための発信を「ソーシャル・プロモーション」と言います。日本に根強く
 こびりつく、若者への感情的バッシングを拍手と声援に変えていきたい。
 
 現在、二つのアプローチにチャレンジしています。
 ひとつは、「63万人」とか「2.3%」というマクロな数字ではわからない
 ニート状態から脱却し、社会の一員として働き続ける当事者の
 声なき声を拾い、彼らへの直接的接触なき非難者を「自分事化」して
 もらうこと。

 もうひとつは、現場で蓄積したデータを分析し、若年無業者の実態を
 エビデンスを持って表現することで、定量的判断を大切にされる
 方々を味方につけることです。
 
 ------------------------------------------------------------
[SHOOTING☆STAR]
 
ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!
~働けなかったからこそわかる、働けることの価値~

 http://shootingstar.jp/projects/64#summary 

 ------------------------------------------------------------

当事者の声をセミナー形式などで伝えてきましたが、日時限定という
 物理的な制約と、彼ら/彼女らが落ち着いた環境で過去を振り返り、
 いまを語れるようでないと、心の奥に眠る言葉を起こすことは難しい
 と考え、

 「書籍化」という事業にチャレンジさせていただいております。

 数あるソーシャル・プロモーションのなかで、あえて「書籍」という
 媒体を選んだ理由は3つあります。

 1. 長いインタビューから掘り起こした当事者が紡ぐ言葉を文字に
   まとめ直すことで、より伝わりやすくなると考えます。

   ※専門のライターを入れます

 2. 電子書籍を含む「書籍」は流通プラットフォームが多様であり
   さまざまな形で情報を流通させやすい。

   ※電子書籍だと限りなく安価にすることも可能

 3. 感情を煽るような即物的消費情報と異なり、文字を紡ぎ
   描かれたストーリーを冷静に、じっくり読んでもらえる。

 地味で地道な取り組みではありますが、社会が抱える課題は
 複雑となり、魔法のように問題を解決する方法はありません。

 だからと言って、みなさまのような極めて少数であろう社会課題
 解決の志士が奮闘するだけでは、やはり問題は解決しません。

 社会的な感情論バッシングを変えるためには、みなさまのような
 理解者と一緒になり、仲間を増やしていかなければなりません。

 今回、[SHOOTING☆SATR]を通じてご協力くださる方々には
 ささやかではありますが複数のギフトを準備しております。

 ギフト(一部抜粋)

   3,000円 → 書籍原稿をデータで贈ります!

   5,000円 → 上記に加え書籍を贈ります! 

   10,000円 → 上記に加え書籍に掲載しきれなかった
          エピソードを特別冊子にして贈ります!

   15,000円 → 上記に加え、現在別途製作中である
          「若年無業者白書」を贈ります!

  若年無業者白書とは:
  https://readyfor.jp/projects/underserved-youth 

 ------------------------------------------------------------
[SHOOTING☆STAR]
 
ニートから抜け出した若者の言葉を書籍にしたい!
~働けなかったからこそわかる、働けることの価値~

 http://shootingstar.jp/projects/64#summary 

 ------------------------------------------------------------
  
 出産お祝いのお申し出もいただいておりますが、
 「こちらのプロジェクトに協働する」というカタチでご理解と
 お願いをできればと思っています!
 
 8月1日に復帰予定となっております。またみなさまと共に
 日本社会が前進していけるようご一緒させていただけることを
 楽しみにしております。

 育て上げネット
 工藤 啓

このプロジェクトを友だちにシェアしよう!
シューティングスターからの最新情報をメールで受け取る
×